ただ、ラノベがあるだけでよかったんです。(仮題)

ラノベについて語っていきます。

《感想》タイム・リープ(下)-あしたはきのう-

タイム・リープ<下> あしたはきのう (電撃文庫)

あらすじ

鹿島翔香。高校2年の平凡な少女。ある日、彼女は昨日の記憶を喪失していることに気づく。そして、彼女の日記には、自分の筆跡で書かれた見覚えのない文章があった。”あなたは今、混乱している。若松くんに相談しなさい……” 若松和彦。校内でもトップクラスの秀才。半信半疑ながらも、彼は翔香に何が起こっているのかを調べはじめる。だが、導き出された事実は、翔香を震撼させた。”そ、んな……嘘よ……” 第一回電撃ゲーム小説大賞で金賞を受賞した高畑京一郎がくみ上げる時間パズル。最後のピースが嵌まるとき、運命の秒針が動き出す--。 '97年初夏、映画も公開もされ、多くの読者を魅了した話題作が遂に文庫化!!

発売日 1997年1/1

上巻に引き続き。若松くんと共にタイムリープの謎に迫っていき、徐々に鹿島が何故タイムリープに巻き込まれるようになったのかが解っていく。バラバラだった物事が一つずつあるべき場所に収まっていく爽快感がたまらない。下巻を読み終わった後に上巻のエピローグに戻るとまたニヤニヤできてたまらんです。面白かったです。