ただ、ラノベがあるだけでよかったんです。(仮題)

ラノベについて語っていきます。

《感想》乃木坂春香の秘密

乃木坂春香の秘密 (電撃文庫)

あらすじ

俺のクラスメイトの乃木坂春香は、容姿端麗で才色兼備で、『白城の星屑』の二つ名を持ち、ファンクラブの会員数も三桁を超す、まさに深窓のお嬢様という言葉がぴったりの学園のアイドルだ。そんな彼女の秘密を知ってしまったあの日以来、俺の平凡な学園生活は終わりを告げ、ある意味奇妙な彼女との関係が始まった。そして、春香が周囲にひた隠しにしている秘密とは―。第4回電撃hp短編小説賞の最優秀賞受賞者、電撃文庫でついにデビュー。

発売日 2004年 10/8

クラスメイトの乃木坂春香は容姿端麗、才色兼備、文武両道を絵に描いたような女の子。だけど彼女には誰にも言ってない秘密がある。それは、プチアキバ系。ひょんなことから彼女の秘密を知ってしまった綾瀬裕人は、彼女の秘密を守るために関係を持つことになる。彼女の天然っぷりがとても可愛らしく、本人は秘密を隠せているつもりだけど、見る人がみたらバレバレだという姿がとても好き。この先、彼女の秘密は隠し通せるのか、続きが楽しみです。