ただ、ラノベがあるだけでよかったんです。(仮題)

ラノベについて語っていきます。

《感想》失恋探偵の調査ノート〜放課後の探偵と迷える見習い助手〜

失恋探偵の調査ノート ?放課後の探偵と迷える見習い助手?<失恋探偵の調査ノート> (メディアワークス文庫)

あらすじ

この道立宇田路中央高校にまことしやかに伝えられる、「不思議な噂」がある。 失恋探偵。それは、正しく終われなかった恋を終わらせてくれる探偵なのだという。 幼馴染への失恋をきっかけに「恋する気持ち」をなくしてしまった少女・零は、失恋探偵を名乗る優しい少年と出会う。彼の見習い助手となった零は、いくつかの恋の終わりに立ち会い、そして……。 「……どんな気持ちも、いつかは消えてしまうの?」 「恋は、終わり際が肝心なんですよ」 青春のいたみを優しく、しかしあざやかに描き出す、青春“失恋”物語。

発売日 2014/12/25

『失恋探偵ももせ』から数年後の宇田路中央高校が舞台の別作品。ももせ同様最後にほっこり終われる短編の数々で安心して読めた。百瀬も友情出演してるのも嬉しいサプライズ。ももせを読んでなくても話はわかると思うけど、読んだ方がさらに面白いと思う。